口腔外科

親知らずの抜歯などの口腔外科治療を行います

抜歯・できもの・顎関節症などを治療

抜歯・できもの・顎関節症などを治療

口腔外科では、親知らずの抜歯、舌や唇、頬などにできたできものの切除、顎関節症の治療、歯牙移殖などの治療を行います。
また、舌がんなどのお口の中にできる悪性腫瘍の発見にも努めます。

「親知らずが痛む」などのことでお困りでしたら、お気軽に泉大津・北助松のまごころ歯科までご連絡ください。

親知らずの抜歯

問題が起きている場合には抜歯を検討

永久歯が生え揃った後、歯並びの一番後ろから生えて来るのが親知らずですが(生えて来ない方もおられます)、最近では顎の小さな方が多いため、正しい方向に生えて来ずにトラブルを起こす場合があります。

親知らずが原因で痛み・腫れがあったり、お口の中で病気を引き起こしていたりする場合には、抜歯を検討します。

親知らずのトラブル

親知らずのトラブル

  • 親知らずが痛む
  • 歯茎が腫れている
  • 親知らずが虫歯になっている
  • 隣の歯の歯磨きを邪魔していて、虫歯・歯周病の原因になっている
  • 隣の歯を押していて、歯並びの乱れの原因になっている

など

このようなトラブルが起こっている場合、また将来的に起こる可能性が高い場合、親知らずの抜歯を検討します。

顎関節症の治療

“顎が痛む・音が鳴る・口が開かない”などの症状はありませんか?

“顎が痛む・音が鳴る・口が開かない”などの症状はありませんか?

「顎を動かすと関節が痛む」「顎を動かすとカクカクと異音がする」「口が大きく開かない」などの症状はありませんか?
これらは顎関節症の代表的な症状です。

顎関節症は歯並び・噛み合わせ、歯ぎしり・食いしばり、頬杖をつくなどの様々な原因が複雑に絡み合って起こると考えられています。

症状を緩和してマウスピース等で治療

痛みがある時、まずは鎮痛剤などを使用して症状を緩和します。
そのうえで、“スプリント療法”と呼ばれるマウスピースを使った治療などを行って、症状の改善をはかります。

歯牙移植

歯を失った部分に自分の歯を移植

歯牙移植とは、病気や事故などで歯を失った時、そこに自分の歯を移植する治療です。
移植する歯は主に親知らずを使用します。

移植が成功するには様々な条件をクリアする必要がありますが、ご自身の歯なので拒否反応が起こりにくいです。
また歯根膜も一緒に移植できるので、入れ歯・ブリッジ・インプラントなどの人工物を使った治療よりも良好な噛み心地が得られます。

〒595-0006 大阪府泉大津市東助松町2-10-8

0120-704-556
  • 南海本線 北助松駅 徒歩3分
  • 駐車場2台
診療時間 日・祝
10:00~13:00 ×
14:30~21:30 ×

▲…水曜午後は19:30まで ■…土曜午後は14:00~19:00まで

お問い合わせはこちら

0120704556
top
0120704556 topへ