入れ歯

快適に使える入れ歯をお届け

歯を失ってお困りの方へ

歯を失ってお困りの方へ

虫歯・歯周病などの病気で歯を失いお困りでしたら、泉大津・北助松のまごころ歯科へお気軽にご相談ください。
その方のお口に合った入れ歯をご提案して、快適な毎日の食事をサポートいたします。

今のお口の問題やご要望などをおうかがいして、オーダーメイドで精密な入れ歯をご提供します。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯には保険適用のものと、保険適用外の自費のものがあります。
保険の入れ歯の場合、費用が抑えられますが、噛み心地や見た目の面で問題があると言えます。

一方、自費の場合は費用がかかりますが、様々な材料から選ぶことができ、審美性の高いものや、装着感の良いものなど満足のいく入れ歯を作ることが可能です。

保険の入れ歯・自費の入れ歯の比較
 保険の入れ歯自費の入れ歯
材料選べる材料に制限あり様々な材料から選べる
機能性ものがしっかり噛めない場合がある
装着時に違和感が生じることがある
比較的噛み心地が良い
装着感の良いものを作ることも可能
見た目部分入れ歯の場合、クラスプ(金属のバネ)が付く審美性の高いものを作製することが可能
修理・調整破損しやすいものの、比較的容易に修理・調整しやすい材料によっては修理が難しい場合がある
費用保険適用なので費用が抑えられる自費なので費用がかかる

入れ歯の種類

レジン床入れ歯(保険の入れ歯)

床部分にレジン(歯科用プラスチック)を使用した入れ歯で、保険適用なので費用を抑えて入れ歯が作れます。
ただし、自費の入れ歯と比べると機能・審美の面で劣ると言えます。

メリット

  • 費用が抑えられる
  • 比較的容易に修理・調整しやすい

デメリット

  • 噛み心地や装着感に問題がある
  • 審美性が劣る
  • 破損しやすい

ノンクラスプデンチャー(自費の入れ歯)

金属のバネ(クラスプ)がない部分入れ歯なので、まわりの人から入れ歯に気づかれにくいです。
また柔らかい材料で作製するのでフィット感に優れています。

メリット

  • 見た目が良い(入れ歯が目立たない)
  • フィット感が良い

デメリット

  • お口の状態によっては適応とならない場合がある
  • 破損しやすい

金属床入れ歯(自費の入れ歯)

床部分に金属を使用した入れ歯で、強度が高く、薄く仕上げられます。
また熱伝導性に優れているので、食べ物の温度差が自然です。

メリット

  • 強度が高い
  • 薄く仕上げられる
  • 食べ物の温度差が自然

デメリット

  • 修理が難しい
  • 使用する金属によっては、金属アレルギーのリスクがある

〒595-0006 大阪府泉大津市東助松町2-10-8

0120-704-556
  • 南海本線 北助松駅 徒歩3分
  • 駐車場2台
診療時間 日・祝
10:00~13:00 ×
14:30~21:30 ×

▲…水曜午後は19:30まで ■…土曜午後は14:00~19:00まで

お問い合わせはこちら

0120704556
top
0120704556 topへ