妊婦さんの歯周病治療

sp_tel.png

妊婦さんに多い歯周病

妊娠期間中は女性ホルモンの影響や食生活の変化などにより、虫歯や口腔内にトラブルを起こしやすい時期といえます。
歯周病や虫歯は放って置いても良くはなりません。また痛みを我慢していると身体だけでなくストレスも溜まる一方でお腹の赤ちゃんにも影響を与えてしまいます。

患者様からのお悩みのお声

現在妊娠3ヶ月です。歯周病で困っています。
歯科医院には通院しているが、妊婦という事で治療はしてもらえず…。
歯茎が腫れると歯が下がって噛めなくなるので歯を削りかみ合わせを調整するくらいです。

つわりがひどく、噛みしめると歯が痛い。歯磨きをしようとすると気持ちが悪くなるのでしっかりと歯磨きができない。
もしかしたら、歯周病かもしれないと悩んでいます。
妊娠中でも治療はできるのでしょうか?

本来ならば、妊娠前から歯のメンテナンス予防・治療はしておくべきですが、なかなかうまくいかない患者様が多いのが現状です。我慢を続けている妊婦さんへ、歯は一生物です。きちんと歯周病の治療を行い、これ以上悪くならないようにしていきましょう。

妊婦さんの歯周病のリスク

歯周病菌などの炎症物質は、早産・低体重児出産の危険が高まると言われています。
また、お母さんが虫歯ですと、お母さんの唾液に含まれる虫歯の菌が赤ちゃんにうつってしまうということも言われています。

妊娠をきっかけに、歯科検診を積極的に受け、虫歯や歯周病などの有無と同時に予防の正しい知識と方法も、生まれてくるお子様のためにも身につけていきましょう。

  • 野津歯科
  • デンツプライインプラント
  • CID clubインプラント専門情報サイト
  • インビザライン
  • ストローマン
  • 歯医者ガイド
0120-704-556 なおそー まごころで