インプラントでお悩みの方へ

sp_tel.png

こんなお悩みの患者様にご来院頂いております。

入れ歯が合わない、うまく噛めない。
部分入れ歯が合わない、お手入れが大変。
健康な歯を削らずに噛めるようにしたい。
骨が薄いので、「インプラントは難しいです…」と言われた。
インプラント治療と入れ歯治療どちらが自分に最適か相談したい。
下顎の総入れ歯が不安定で食事が楽しめない。

上記以外にも患者様それぞれのお悩みをお聞かせ頂いております。
インプラント治療をする前にまず、話を聞きたい、自分の歯の状態に合わせた治療を受けたいなどと言った患者様もお気軽にご来院ください。

インプラントとは?

歯周病が進行し歯が抜けてしまった方、事故によって歯が折れたり、抜けてしまった方にとってインプラント治療は最適な治療方法と言えます。
歯を失ってしまった部分にご自身の歯の根に代わる人工的な歯根を埋め込み、骨としっかりと結合した後、その上に歯を作り、見た目もきれいに、また噛むのも快適にする方法です。
インプラント治療は、手術を伴う大変な治療です。歯科医師の専門的知識と豊かな経験、そして高度の技術が必要です。

インプラントの症例

 
 

歯が無いことで、うまく噛めず、お食事も会話も楽しめないとお悩みの50代の患者様です。
インプラントによって、しっかりと自分の歯のように噛めるようになりました。

歯を失う原因

歯を失う原因のほとんどが歯周病?!

自分の上下あった歯が無くなるなんて想像もしなかったでしょう。
特に40歳以上では、歯を失う原因の50%以上が歯周病と言われています。
歯と歯茎のさかい目にたまった歯垢(プラーク)にすむ細菌(歯周病菌)が、歯茎に炎症を起こし、歯茎だけでなく歯の周りの他の組織まで壊していく怖い病気です。
歯周病を放っておくと、歯茎はどんどんやせ、歯が抜けていきやすい環境を整えていってしまうのです。

こんな症状は要注意!

歯を磨くと出血することがある。
歯が浮いた感じがしたり、ムズムズする。
歯が長くなった気がする。
口臭がひどくなった。

上記以外にも、歯茎がずっと腫れている、歯がグラグラするなどの症状がある方は歯周病が進行している可能性があります。歯を失ってからの治療よりも、歯を失わない治療を早めにすることが大切です。
当院では、抜けてしまった歯を植えなおしたり、別の場所の歯で補う歯牙移植も行っております。

  • 野津歯科
  • デンツプライインプラント
  • CID clubインプラント専門情報サイト
  • インビザライン
  • ストローマン
  • 歯医者ガイド
0120-704-556 なおそー まごころで